• 文字サイズ

海抜高度1,269m、日本一高い場所にある湖「中禅寺湖」

男体山がつくり出した、超高度湖の美景観
周囲25km、最大水深163m、日光を代表する景勝地・中禅寺湖。いろは坂をのぼりきった先に広がる湖面を見て、こんな山の上にこんな大きな湖?と驚かれる方も多いと思いますが、それもそのはず、中禅寺湖は水面海抜高度1269m、「日本一高い場所にある湖 」なんです。(※人造湖を除く4平方km以上の湖として)
約2万年前、男体山の噴火で流れ出した溶岩が渓谷をせき止め、もともとは「谷」だった場所に水がたくわえられて出現した湖が、中禅寺湖です。春は新緑、秋は紅葉、四季折々で様々な美しさを見せてくれる中禅寺湖の魅力の原形は、この「高地の自然」が生み出したものなのですね。
 
 
各国大使館を魅了した、リラックススポット
イタリア大使館別荘記念公園▲イタリア大使館別荘記念公園日本百景にも選定される中禅寺湖は、春夏秋冬、朝昼晩、移ろう景色を湖面に移しながら様々な表情を楽しませてくれます。戦前、その美しさに魅了された旧在日イギリス人宣教師が別荘を構えたことを発端に、各国の大使館の別館が次々に建てられるなど、多くの外国人にも愛された避暑地でもあります。その風景と涼しさがイギリス・スコットランド地方にとてもよく似ていたそうです。同じく避暑地として有名な箱根や軽井沢は交通の便が良いので賑わいすぎて落ち着かない…という理由から、中禅寺湖が選ばれたようです。こんなところにも「高度」のメリットがあったのです。
 
 
おすすめレジャーもてんこ盛り!
湖畔からの美しさを堪能したら、実際に湖面に出てみるのもおすすめ。遊覧船クルーズ(4月~11月)は、湖1周コースと千手浜コースがあり、水上からの景色をあますところなく網羅します。湖から見る男体山は絶景です。もっと近くに水面を感じたい方は足こぎボートでGO!もちろん湖なのでフィッシングファンも集まれー!ニジマス・ヒメマス・ワカサギ・ブラウントラウトなどが釣れます。幻の未確認生物「チュッシー」も狙ってみては?
ほかにも、中禅寺湖の淡水魚を見学できる「さかなと森の観察園」や、レイクサイドキャンプを楽しめる「菖蒲ヶ浜キャンプ村」など、近隣施設も大人気です。日本一の湖で、日本一楽しいひとときを!
 
 
(日光応援団員 G)

  • 一覧に戻る