• 文字サイズ

毎分1,800リットル豊富な湯量~氷彫刻、全国から腕自慢~奥日光湯元温泉

下野新聞(2015.1.23)

奥日光湯元温泉【彩子の日光ブランドめぐり16】
毎分約1,800リットルと豊富な湯量を誇る「奥日光湯元温泉」。原生林に囲まれた温泉街はほのかな硫黄泉の香りが漂うわ。温泉の歴史は日光開山の祖、勝道上人が788年に温泉を発見したといわれているのよ。
 
24日から2月末まで、さまざまなイベントで観光客をもてなす「奥日光湯元温泉雪まつり」が開催されるの。その中で二つの人気イベントを紹介するね。
 
高さ2メートルのかまくらの中に竜や馬などの細工を施した氷のオブジェ約10点を湖畔広場に展示する「第9回全日本氷彫刻奥日光大会」は、期間中に約4千人が訪れるのよ。氷彫刻世界大会で14回もグランプリに輝いた平田浩一さんをはじめ、全国から腕自慢の氷彫刻士が一堂に会するわ。24日正午から氷が解ける約2週間楽しめるのよ。
 
約800個のミニかまくらをライトアップして幻想的な雰囲気を演出する「雪灯里(ゆきあかり)」は湯元園地で2月いっぱい開催するわ。これらのイベントを含めた雪まつりは日本夜景遺産に認定されていて、夜景鑑定士が選ぶ「第2回イルミネーションアワード」総合エンタテインメント部門で9位に選ばれたのよ。
 
ほかにも花火大会や湯巡りスタンプラリーなどイベントが盛りだくさん。毎週通っても飽きないわね。
  
知ってる?
源泉近くにある日光山輪王寺の別院「日光山温泉寺」は、境内に温泉を備えているの。4月~11月、500円で入浴できるわ。
    
所在地
日光市湯元。問い合わせは市観光協会(0288-22-1525)
 
記事提供:下野新聞社(H27.1.23)

  • 一覧に戻る