• 文字サイズ

日光ブランド「日光山輪王寺強飯式」

強飯式の様子

奈良時代から続く伝統の儀式
  
毎年4月2日に開催する日光山輪王寺の強飯式は、日光山だけに伝わる独特の儀式です。
 
勝道上人が奈良時代末に日光を開いてから「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」という考え方のもとに、山伏の入峰行(にゅうぶぎょう)が盛んになりました。強飯式は、その山伏たちが修行した場所の御本尊に供えた物を持ち帰り、人々に分け与えたことが始まりであると言われています。
 
その後、入峰行の場合だけでなく、日光三社権現(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)や開運三天(大黒天・弁財天・毘沙門天)の信仰が結び付き、江戸時代に現在のような強飯式の形になったと言われています。
 
日光山に伝わる秘法 
まず、日光山秘法の「採灯大護摩供(さいとうだいごまく)」と内陣で行う「三天合行供(さんてんごうぎょうく)」が同時に祈祷され、続いて「強飯頂戴の儀」が執り行われます。
 
修験者の姿をした強飯僧(ごうはんそう)が、山盛りのお椀を強飯頂戴人(ごうはんちょうだいにん)に差し出し、「75杯1粒(りゅう)残さず食べろ」と責め立てることから「日光責め」とも呼ばれます。
 
名だたる大名が藩の名誉のために
江戸時代には、徳川将軍家の名代(みょうだい)や十万石以上の名だたる大名が、「わが藩の名誉」として強飯頂戴人に名を連ねました。というのも、日光山といえは天皇の皇子を「輪王寺の宮」として迎えた鎮護国家(ちんごこっか)の道場として天下に知られ、大名といえども、簡単にはこの儀式に参加できなかったためです。
 
最後に儀式で授かった縁起物を参拝者へ向けてまく「がらまき」が行われています。
 
現在、三仏堂の大修理を行っているため、あと数年間は大護摩堂(だいごまどう)で執り行われます。

  • 一覧に戻る