• 文字サイズ

日光市最北端 三依エリアから水のある旅【日光ソムリエ課3月5日放送】

ひらやマップ(^。^)y-.。o○
※ひらやマップで番組で紹介したスポットへ行ってみよう!

日光市最北端 三依エリアから水のある旅
  
男鹿川あこがれの清流、男鹿川▲あこがれの清流、男鹿川
日光市と那須塩原市、福島県の境にある男鹿岳(おじかだけ)から流れ出る利根川水系の1級河川。名所旧跡の多くある横川地区、三依地区を流れて五十里湖に注ぎ、川治温泉において鬼怒川と合流する渓流源流です。4月から9月上旬には男鹿川末流の風物詩、「カジカカエル」の鳴き声を聞くことができます。
  
五十里ダム(五十里湖)
五十里ダムは、鬼怒川の支川である男鹿川に、昭和31年、当時日本で最も高いダム(112m)として完成しました。洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水の供給、発電を目的としてつくられた、重力式コンクリートダムです。
名前の由来は、江戸日本橋から五十里(約200キロ)の距離にあった宿場、五十里宿があったことが由来です。
   
川治ダム(八汐湖)
川治ダムは、昭和45年に工事が始まり、昭和58年に完成しました。洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水や都市用水の供給を目的につくられた、アーチ式コンクリートダムで、この型式では国内で第4位の高さ140mを誇ります。
ダムにより出来た湖は、このあたりで咲くヤシオツツジ(市の花)が多いことから八汐湖と名付けられました。
 
日光水のある旅
世界的な歴史と伝統のある日光は、国内でも有数の水資源の豊富な土地でもあります。古くから多くの人に愛されてきた多様な水の風景。過去の偉人たちも風情を愉しんだ日光のせせらぎを巡り、実際に見て、聞いて、その歴史を感じてください。
 
日光市空き家バンク
現在、日光市内に使用していない住宅や店舗を所有し、売買や賃貸によって空き家の活用をお考えの方から提供された空き家情報をウェブサイト等で公開し、日光市内への移住や、都会との二地域居住等を希望する方に幅広く情報を紹介するシステムです。
人口の減少に伴い、市内に多く存在するまだまだ活用可能な空き家を一軒でも多く、移住希望者等に活用してもらうことで、市内への移住・定住の促進を図り、地域を元気にしていきたいと考えています。

古民家食堂 六代目へいじカレーランチ▲カレーランチ
   
旧国道121号線、会津西街道(あいずにしかいどう)沿いにある古~い食堂。この古民家は湖底に沈んだ五十里集落(いかりしゅうらく)にあった家をそのまま移築したもので店は築70年。五十里の集落がダム建設により移転となったため、それまであった建物を移築したとのこと。なお、移転前の230年前に建てられたことから、主な部材は300年を経過しているものだとか。
カレーには水切りしたヨーグルトが添えられています。カレーと混ぜると絶品!米は地元産のコシヒカリ。もちもち感がたまらない美味しさです。メニューは月替わりですが、東北の郷土料理を必ずメニューに入れているのもポイント。というのも、店主の三上さんは津軽出身。店主は会津西街道に魅せられ、昔の旧道を歩いたこともあり。春(5月すぎ)になると、敷地内にはワラビやコゴミも顔をだし、お食事のお客様はそれらを摘むこともできます。35年もののみそに漬ける「ワラビの1本漬け」は絶品(5月~6月の季節限定)
 
【おすすめ】カレーランチ1,200円(税込)、天然イワナ塩焼き500円(税込)
【場所】 栃木県日光市五十里73
【TEL】0288-25-7720
【HP】http://www.kominka-heiji.com/
【営業時間】11:00~16:00(15:00 LO)
 ※4月25日~11月30日は8:00~11:00のモーニングタイムあり
【定休日】第1・3木曜(12月~3月は毎週木曜)
【アクセス】野岩鉄道湯西川温泉駅下車徒歩10分(駅までの送迎可)

農山村生活体験の家農山村暮らしを体験しよう▲農山村暮らしを体験しよう
 
日光市最北端、横川地区にある施設。農山村地域の昔ながらの生活を体験していただくことで、生活体験や地元住民との交流から生まれる二地域居住や定住を促進し、地域の活性化と農林業の振興につなげることを目的に整備しました。静かに、ゆっくりと時が流れる自然の中でいなか暮らしを体験してみませんか。 
 
【場所】栃木県日光市横川128-1
【問い合わせ】日光市産業環境部農林課(℡:0288-21-5171)
【HP】http://www.city.nikko.lg.jp/nourin/guide/hataraku/nousanson/
【PR動画】http://youtu.be/DDMb2QACHtA
 
 

三依杯雪合戦がんばるべ!お~!!▲がんばるべ!お~!!
  
冬の三依地区の素晴らしさを多くの方々に知ってもらうために始まった雪合戦。都市部に住む「宇都宮まちづくり市民工房」の方々と、地元の三依地区体育協会、上三依自治会、野岩鉄道株式会社、そして参加者が一緒になり地域を盛り上げるイベントです。
   
【開催時期】毎年2月頃開催
【開催場所】上三依公民館広場(日光市上三依276『きすげの郷』向かい)
【HP】http://miyoriproject.jimdo.com/
【問い合わせ】NPO法人宇都宮まちづくり市民工房(℡:028-634-9901)

日光市地域おこし協力隊北海道出身の三依地域おこし協力隊の中井さん▲北海道出身の三依地域おこし協力隊の中井さん
  
人口減少及び高齢化が進行する過疎・高齢化地域において、市外の人材を積極的に誘致し、地域の活性化を促進するため、平成23年度より地域おこし協力隊事業を開始しました。足尾地域、栗山地域及び三依地域に市外の人材を派遣し、活動を行っています。
 
【HP】http://www.city.nikko.lg.jp/chiiki/gyousei/shisei/chiikiokoshi.html

  • 一覧に戻る