• 文字サイズ

奥日光ファンクラブが凄い件!

桟橋から望む中禅寺湖 小田代原に架かる虹 奥日光の夕景 イタリア大使館別荘記念公園

奥日光ファンクラブって?
奥日光ファンクラブは奥日光の活性化や魅力を発信することを目的に「奥日光ラブ」な方々が集まったファンクラブ!なんです。
現在、フェイスブックページ「Okunikko Fan Club」で奥日光の魅力を発信しています!
 
なぜ、すごいか?
奥日光ファンクラブのメンバーは、ネイチャーガイド、宿泊業、飲食物産業、観光・交通事業者、行政職員、そして、単に「山好き!奥日光好き!な人々」など様々。だから、その時、そこに行かなければ見れない「日光の絶景」「魅力」を発信することが出来ちゃうんですね!
小田代原に架かる虹もそんな一瞬をとらえた一枚です!
 
奥日光の夕景
県や奥日光ファンクラブが連携して、「奥日光の夕景」事業を行っています。中禅寺湖に沈む夕日はとても幻想的で四季折々の美しい夕景を楽しむことが出来ます。特に、9月は美しく、イタリア大使館別荘記念公園などでは、開館時間を延長して夕日を楽しむイベントが行われます。運が良ければ、年に数日だけという「紫色に焼ける夕日」を見ることが出来るかもしれません!
 
夏は外務省が日光に移る!?
明治から大正にかけて多くの外国人が中禅寺湖畔に別荘を求め、夏の中禅寺湖畔は外国人の避暑の場、社交の場として賑わいました。また、多くの大使館の別荘も建てられ「夏は外務省が日光に移る」と言われた時代がありました。現在でも、フランスやベルギーの大使館別荘は使用されています。イタリア大使館別荘は平成9年まで使われていましたが、その後、栃木県が購入・整備し、記念公園として一般に公開しています。
現在、イギリス大使館別荘も県によって整備が行われ、平成28年夏のオープンに向け工事が進められています。奥日光ファンクラブのフェイスブックでも、不定期ですが定点観測の様子がアップされています!
 
ぜひ、多くの外国人が愛した「夏は外務省が日光に移る」と言われた歴史と文化を味わいに日光へお越しください!

  • 一覧に戻る