• 文字サイズ

日本一早い新そばまつり「日光夏の新そばまつり」&「日光そばフォーラム」開催!

四季折々のそばが楽しめる日光のそば!
夏そばの実と打ちたてのそば▲夏そばの実と打ちたてのそば
そばと言えば秋そばが一般的ですが、日光では四季折々のそばが楽しめます!早播き・早刈りした「夏そば」、秋そばを早刈りした通常より青みが強く香りが高い「日光あおい蕎麦」、秋に刈り取った玄そばをマイナス2度の氷温域に貯蔵し旨みをました「氷温寒熟そば」、厳冬期にそばの実を清流にさらしアクを抜き甘みを増した「日光寒ざらしそば」など、収穫時期や製法によって違った味わいのそばが楽しめます。
それが可能なのも生産者とそば店が一体となって日光のそばを盛り上げようと取組んでいるからなんですね!
 
※「日光の手打ちそば」は日光ブランド(食分野)の特選日光ブランドにも認定されています!
 
 
 
日本一早い新そばまつり
左が夏そば、右が秋そば。色味が違うのが分かりますか▲左が夏そば、右が秋そば。色味が違うのが分かりますか
全国各地で新そばまつりが行われていますが、秋に行われるのが一般的です。日光でも11月下旬に「日光そばまつり」として全国各地から多くのそば店に出店いただき盛大に開催しています。そんな数あるそばまつりの中でも「日本一早い」のが、「日光夏の新そばまつり」なんです!この新そばまつりでは早播きし6月下旬に刈り取ったばかりの「夏そば」の新そばを、各店舗よりも早く味わうことが出来るイベントです。「夏そば」は、青みがかった色味と、清涼感ある香りと味わいが特徴で、最近では生産量も徐々に増え、日光の夏の風物詩としてそば好きを楽しませています。秋そばとは違った夏そばをぜひ味わってみてください!
 
【日時】平成27年7月4日(土)、5日(日)10:00~15:00(予定)
【場所】道の駅日光「日光街道ニコニコ本陣」多目的広場
【主催】日光手打ちそばの会
   ※昨年までと会場が異なりますのでご注意ください。
 
そばフォーラム開催!
今年は夏の新そばまつりに合わせ、「日光そばフォーラム」が初めて開催されます!なんで今までなかったのか不思議なほどですが。全国有数のそばの生産地である栃木県、中でも日光市は、作付面積、収穫量ともに県内第2位。市内には、その豊富な生産量と日光山麓からのおいしい水によって、たくさんの手打ちそば店が自慢のそばを提供しています。今ではそば店の数も100店を数え、まさに「そばのまち日光」として発展しています。
そんな日光市で、そばの品質向上や地産地消の推進、お客様目線での店作りなど、日光のそばをさらに高めるためのフォーラムが開催されます。生産者、そば店経営者などを対象とした内容ですが、どなたでも入場可能です。興味のある方はぜひご来場ください。
 
【日時】平成27年7月3日(金) 9:30~16:00
【場所】道の駅日光「日光街道ニコニコ本陣」多目的ホール
【主催】日光手打ちそばの会
 
 9:30~10:00 開会セレモニー
 
【第一部】そば生産とおいしさの秘密
 10:00~10:20
  情報提供:そばに係る経営所得安定対策交付金及び農産物検査規格について
  講師:関東農政局宇都宮地域センター経営所得安定対策チーム
 10:25~11:10
  基調講演:お客様が求めるそばの生産について
  講師:うつくしま蕎麦王国協議会 前会長 唐橋 宏 氏
 11:15~12:00
  パネルディスカッション:そばの地産地消を推進するために
  コーディネーター:CRT栃木放送 福島 真理子 アナウンサー
  パネラー:うつくしま蕎麦王国協議会 前会長 唐橋 宏 氏
       そば生産者 大島一夫 氏
       そば検査員 上都賀農業協同組合日光営農経済センター
       製粉業者 (株)石川製粉所 代表取締役社長 石川 裕介 氏
       そば店経営者 日光手打ちそばの会 会長 我妻 一義 氏
 
【第2部】インターネットを活用した集客方法
 14:30~15:40
  講演:行ってみたいお店、もう一度行きたいお店
  講師:(株)ぐるなび 執行役員 杉山 尚美 氏
 15:50~16:00  閉会セレモニ

  • 一覧に戻る