• 文字サイズ

今イチバン熱い!『いまイチ映画祭』開催!

2月28日(日)と3月6日(日)の2日間、今市の中心市街地において映画祭が開催されます!日光市が主催する人材育成塾『日光創新塾』のメンバーが企画したイベントで、昭和50年代の今市地域を写した『躍進今市』や、足尾地域の中学生が制作した映画『化け猫』の上映、また、県内の映画祭等に出品されたショートフィルムなどを中心に上映されます。
 
<開催日時及び場所>
 ■2月28日(日)10時00分~17時00分
  コミュニティカフェ「カヌク」(各回定員20名)
 ■3月6日(日)10時00分~17時00分
  道の駅 日光 日光街道ニコニコ本陣多目的ホール(各回定員300名)
<主催>
 ・日光市事業「日光創新塾」いまイチ映画祭実行委員会
  ※この映画祭は、日光市事業「日光創新塾」の1事業として開催されます。
<協力>
 ・宇都宮大学地域連携教育研究センター、栃木・蔵の街かど映画祭実行委員会
<チケット>
 1日券600円、2日券1,000円(当日券のみ)
 
上映スケジュール
2月28日(日)
  10時   オープニングセレモニー
  10時15分~12時15分 懐かしのアニメ(16mmフィルム映写機にて上映)
   ・10時15分~ 『二宮金次郎』
   ・10時35分~ 『ジャングル大帝 信頼』
   ・11時10分~ 『白雪姫』
   ・11時30分~ 『はれときどきぶた』
  12時15分~    ndjc(若手映画作家育成プロジェクト)作品『UFO食堂』
  13時30分 企画『いまいちじかん』
   ・今市の歴史映像『躍進今市』を地域の方の解説を聴きながら鑑賞し、今市の今と昔、これからについて語り合います。
  15時45分  ndjc(若手映画作家育成プロジェクト)作品
    ・『LINE』
    ・『チキンズダイナマイト』  
3月6日(日)
  10時   オープニングセレモニー
  10時10分~『しもつかれガール』
  11時00分~『ラプソディ・イン・ザ・ルーム』
  13時00分~『七子の妖気』
  14時15分~『ワタシ カレシ ツクル』
  14時40分~『ファーザー×ファーザー』
  15時15分~『化け猫』※足尾地域の中学生が制作した映画
  16時15分~『ガラスの園で月を食らう』
作品紹介
『しもつかれガール』
☆一般社団法人栃木青年会議所創立55周年記念事業
監督・脚本:遠山浩司
出演:谷村美月/徳永えり/倉田大輔ほか
【あらすじ】
生まれも育ちも栃木の女・あいこが東京から寝過ごした女・里江と新栃木駅で出逢い、地元の居酒屋に。そこで里江が目にしたのは、あいこの幼なじみの鉄雄と、見慣れない『しもつかれ』という食べ物。次の日、あいこと鉄雄は、里江に蔵の街を案内をする事になる。
懐かしく新しい栃木・蔵の街の魅力に引き込まれていく里江は、あいこの鉄雄に対する気持ちに気づく。その近すぎる2人の想いは、遠い記憶の中にあるのだった・・・。
『ラプソディ・イン・ザ・ルーム』
☆第2回栃木・蔵の街かどアワード 若手映画監督部門受賞
監督:土井笑生
【あらすじ】
彼氏にフラれて傷心中のアケミ。女性に奥手な大学生の優太。ある秘密を彼氏に言えない愛子。トラブルに巻き込まれた詐欺師のリョウ。役者志望でヒモ男の和真。そんな5人の視点で展開する、奇跡のようで喜劇な一夜を描いたラブコメディ。
 
 
『七子の妖気』
☆第2回栃木・蔵の街かどアワード 審査員特別賞受賞
監督:松本卓也
【あらすじ】
七子は、東京の会社に勤務している真面目なOL。週末、七子は同僚の女友達を連れ、実家の温泉旅館に帰ってくると大変な事になっていた。風呂場に妖怪が出現して、お客様が寄り付かなくなってしまっていたのだ。七子はのんきな両親に代わり、実家の湯を守るため奮闘を始めるが・・・
 
 
『ワタシ カレシ ツクル』
☆第2回栃木・蔵の街かどアワード ご当地映画部門受賞
監督:たかせしゅうほう
【あらすじ】
結婚式場で働く直子。ある日、同窓会で初恋の相手・信二と23年ぶりに再会する。しかし、彼氏いない歴34年と362日の直子は、恋愛の仕方が分からず、後輩・沙紀に相談。沙紀の提案で、式場にある五重塔に願掛けすることになる。その効果はすぐに表れ、直子は信二から食事に誘われる。沙紀は彼氏や友人も巻き込んで直子をバックアップするのだが…。果たして直子の恋の行方は?そして沙紀が本気でバックアップする理由とは?
 
『ファーザー×ファーザー』
監督:たかせしゅうほう
【あらすじ】
結婚式当日。ブライズルームで喜びを隠せない新婦・さくらの耳に、衝撃の事実が飛び込む。
―さくらの父が式場に来ない。
笑いの中にも確かに見える父の愛。世の中の娘を持つ父に贈る、そうじゃない人にも贈る、愛がちょっとだけ溢れた短編コメディ。
 
 
 
『化け猫』
☆足尾地域の中学生が制作!
監督:佐藤るな、荻原りう、星かえで
【あらすじ】
映画の舞台・足尾地域にある庚申山は、「南総里美八犬伝(滝沢馬琴)」の「化け猫」のエピソードの舞台になったところ。
町の金魚屋の女店主は、集まる子供たちに【里見八犬伝】のエピソードを話す。化猫は退治されたんじゃなくて、きっと山のどこかで眠っているだけ…女店主のその言葉がきっかけとなり『化猫』探しが始まる。
映画の構造はやや実験的。架空の物語と現在の町の様子などのドキュメントが交錯し、次第にその境界がなくなっていく。
【シンブンシャプロジェクト】
2009年〜2010年の冬、当時まだ小学3〜4年生だった足尾町の子供たち自らが企画し、そのアイデアの実現をアーティストや町の大人が技術的にサポートしながらシンブンシャ・プロジェクトは始まりました。空き店舗を活動拠点としてみんなで一緒にリノベーション(改造?)を行い、その後は町を巻き込んでさまざまな活動を行っています。
現在は、今回の映画制作でも中心となる中学3年生のるなをリーダーに、2年生のりう・かえでがサブリーダーとなって活動しています。
【予告編】化け猫
『ガラスの園で月を食らう』
☆第2回栃木・蔵の街かどアワード グランプリ受賞
監督:相馬寿樹
【あらすじ】
ある秋、小学校で飼育していた生き物が次々と姿を消していった。しかし、その事件には切なくも優しい真相があった。無垢な美しさと残酷さが共鳴する時、犯行の動機が明らかになる。
いまイチ映画祭 de まちあるき
いまイチ映画祭のチケットを提示すると、会場近くのお店で当日に限り、うれしいサービスも受けられます!
 
①茶そばのやぶ定
 特典内容:700円以上のお食事で、次回使える100円引き券プレゼント!
②菓子処 本澤屋(だんご)
 特典内容:会計から10%OFF!
③日光おいなり本舗
 特典内容:おいなりバーガーを購入すると、おいなりさん1個サービス!
④日光珈琲 玉藻小路店
 特典内容:ご利用の方に、オリジナルドリップ珈琲プレゼント!

  • 一覧に戻る