• 文字サイズ

ほんのりノスタルジック♪ 西町エリアへ、日帰りプチ女子旅

「西町地区」とは、神橋を境とした西側一帯の古い呼び名です。
石畳が敷かれた路地に、歴史的文化財や史跡がさりげなく立ち並び、ノスタルジックな雰囲気は散策にピッタリ!
最近では、カフェやアンテナショップもオープンし、おしゃれエリアとして密かに注目を集めています♪
 
可憐に咲くゴヨウツツジと特別公開

今回の旅のメインはここ、日光ブランドにも認定されている「日光田母沢御用邸記念公園」。5月中旬まで、庭園の随所でゴヨウツツジ(シロヤシオ)が見ごろを迎えるんです。ゴヨウツツジといえば、敬宮愛子内親王殿下のお印でもある、白くて可憐なツツジ。いまなら、5月5日まで春の特別公開も開催中。歴史に思いを馳せながら、通常非公開の皇后御学問所(二階)からの眺めと美しい春の庭園を満喫してみては。
※「皇后学問所特別公開」/2016年5月5日(木・祝)まで
「日光田母沢御用邸記念公園」の詳しい情報はコチラ
 
古いのに新しい!塩バター風味のおせんべいをお土産に

かわいいネコちゃんが目印!塩バター風味のおせんべい“日光甚五郎煎餅”といえば、日光土産の定番中の定番。創業明治40年という老舗で、西町地区に本店があります。外国人旅行者をターゲットとしたという塩バター風味は、当時はかなりハイカラな味だったのかも。6枚入りのかわいいボックスは、お土産におすすめ♪
「株式会社石田屋」の詳しい情報はコチラ
 
 
 
 
 
 
人気カフェでランチ&作戦会議

おしゃれな古民家カフェ「日光珈琲 御用邸通」でランチ。人気のカフェなので、ランチ時の混雑を避けるのが得策です。ウワサの「御用邸通の黒カレー」は、ちょっぴりスパイシーでボリューム満点!食後はこだわりの自家焙煎珈琲をゆったり楽しみつつ、午後の予定に想いを巡らせてワクワク♪
「日光珈琲 御用邸通」の詳しい情報はコチラ(栃ナビ!へリンク)
 
 
 
 
 
 
 
外国人旅行者も魅了!おしゃれなアンテナショップへ

2015年夏にオープンしたばかり!「Nippon de Irimachi」は、県内の伝統工芸品の新たな魅力を発信するアンテナショップです。新進気鋭の作家さんによってモダンに進化した伝統工芸品は、まさにアート作品!外国人旅行者にも人気というのも納得ですね。男前なテイストがかっこいい、黒羽藍染めコースターを自分用にお買い上げ。
「Nippon de Irimachi」の詳しい情報はコチラ
 
 
 
 
 
 
北関東最古の美しい教会で、心もリフレッシュ!

重厚なゴシック式の美しい教会「日光真光教会」は、1916年に建てられた日本聖公会北関東教区最古の教会。現在でも使われているので、礼拝等がなければ建物内を見せていただけます。板橋石がふんだんに使われた落ち着いた室内に、ステンドグラスからキラキラと日が差し込みます。美しく聖なる空間のおかげで、いつの間にか身も心もリフレッシュ!
※礼拝堂のため、見学の際はお静かに願います
「日光真光教会」の詳しい情報はコチラ

  • 一覧に戻る