• 文字サイズ

ボランティア・市民活動紹介「すまいるすまいる」

こんにちは、日光市民活動支援センターです。
 
今日は、地域のボランティアグループをご紹介いたします。今市小学校に、「すまいるすまいる」という絵本の読み聞かせボランティアがあります。毎週水曜日の朝、8時15分から8時30分まで、各教室で絵本の読み聞かせをしていまする他、新刊の受け入れなどもしています。学期の最初に担当のクラスを決め、自分の好きな本を好きなように読みます。
 
年に1度秋の読書週間時には、可能なメンバーが集まり、人形劇や影絵など大掛かりな作品を手掛け子供たちと交流しているそうです。今年度は、「長ぐつをはいたねこ」の手作り劇を披露され、その様子は先日下野新聞に取り上げられました。影絵中心で、猫や侯爵や姫などは、衣装を着け実写で演技を行っていて、数年前から校長先生を始め先生方も一緒にメンバーに加わり、子供たちを楽しませているそうです。
 
メンバーは保護者の他、地域のボランティアさん方ですが、鬼怒川・川治から来ているメンバーもいらっしゃるそうです。現在メンバーを募集中だそうですので興味がある方は直接団体への問い合わせ、もしくは市民活動支援センターまでご連絡下さい。
 
※本記事に関するメディア掲載情報や団体に関する情報は、以下[関連サイト情報]の日光市民活動支援センターホームページからご覧ください。
 
[関連サイト情報]
https://nikko-shiencenter.jp/group/2018102301

この記事を今スグシェア!

日光ファンサポーター プロフィール

お名前 日光市民活動支援センター 日光市民活動支援センターは、日光市が設置している、NPOやボランティア活動といった市民活動をサポートする施設です。当施設は市内に居住、通勤、通学し、市民活動を行う、又は行おうとする方が使用できます。ただし、会議室、相談室及び報徳ホールを使用することができるのは、主に市民活動を行う団体となります。

  • 一覧に戻る