• 文字サイズ

彫刻家の眼-手塚登久夫コレクション展

「日光市ふくろうの森 手塚登久夫石彫館」の開館を記念して、「彫刻家の眼-手塚登久夫コレクション展」を開催します。
 
日光市出身の彫刻家・手塚登久夫(1938~2015)のアトリエが、2018年11月1日に「日光市ふくろうの森 手塚登久夫石彫館」として開館したことを記念して、手塚登久夫が生前収集してきたコレクションの中から、版画作品を中心に紹介します。
栃木県ゆかりの版画家・川上澄生や古川龍生をはじめ、楊洲周延、大野麦風、斎藤清、長谷川潔、浜口陽三、若林奮といった近現代の作家から無名の作品まで、版画の内容は多岐に渡っています。梟をモティーフとした石彫で知られる手塚登久夫が、何に惹かれ、何を見つめていたのか、彫刻家の眼を通して集めたコレクションから、その一端に迫ります。
 
是非ご来館ください!
 
■開催期間:11月17日(土)~12月24日(月・振休)
■開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※休館日:毎週月曜日(祝日のときは開館し、翌日を休館)
 
小杉放菴記念日光美術館(手塚登久夫コレクション展)
http://www.khmoan.jp/notice/notice_d.html?0:162
 
 
ギャラリー・トーク
「彫刻家の眼 手塚登久夫コレクション展」の開催に合わせ、担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。
 
■開催日:12月9日[日]、12月22日[土]
■時間:各午前11時より(1時間程度)
■場所:小杉放菴記念日光美術館
■料金:入館料のみでご参加できます。
 
小杉放菴記念日光美術館(ギャラリートーク)
http://www.khmoan.jp/notice/notice_d.html?0:166

この記事を今スグシェア!

日光ファンサポーター プロフィール

お名前 小杉放菴記念日光美術館 当館は、「自然へのいつくしみ」を基本テーマに、日光市の名誉市民である小杉放菴の画業を後世に伝え、市民のための充実した文化・余暇活動の場と機会を提供するとともに、優れた文化芸術を紹介しています。

  • 一覧に戻る