• 文字サイズ

ボランティア・市民活動紹介「音訳ボランティアかわせみ」

こんにちは。日光市民活動支援センターです。
 
今日は、地域のボランティアグループ「音訳ボランティアかわせみ」さんをご紹介いたします。音訳かわせみさんは、目の不自由な人の為に毎月発行されています「広報にっこう」を録音し、ご自宅に届けるボランティアをされています。月ごとに読む担当の人・読む項目を決め、ご自宅で練習を重ね、録音・修正しているそうですが、その作業はとても大変な事だと思います。
 
その活動の他に、今年度は11月10日(土)に、年に一度の映画鑑賞会を企画運営されました。「家族はつらいよ」です。当日は、「人権ミニフェスタ」の1部として宇都宮の音訳ボランティアグループ「ひびき」さんの協力により、映画にあわせた朗読がありました。映画を見るのになぜ朗読なのかと思われると思いますが、目の不自由な方の為に役者さんのセリフ以外に場面ごとの描写を細かく伝える為です。私も実際に目をつぶってどんな風に聞こえるか体験してみました。確かに、目をつぶっていてもその情景は浮かんできました。
時には泣けるシーンや大笑いをするシーンがあり、1人1人が家族に関して少し立ち止まり、改めて考えるよい機会になる映画でした。
 
障がいがあってもなくても一人一人に人権がある。大切な事を改めて感じさせてくださった「音訳かわせみさん」の活動を今後とも見守らせていただきたいです。
 
●日光市民活動センター登録団体情報はこちら
https://nikko-shiencenter.jp/list/list_0018
 
●日光市民活動支援センターホームページはこちら
https://nikko-shiencenter.jp

この記事を今スグシェア!

日光ファンサポーター プロフィール

お名前 日光市民活動支援センター 日光市民活動支援センターは、日光市が設置している、NPOやボランティア活動といった市民活動をサポートする施設です。当施設は市内に居住、通勤、通学し、市民活動を行う、又は行おうとする方が使用できます。ただし、会議室、相談室及び報徳ホールを使用することができるのは、主に市民活動を行う団体となります。

  • 一覧に戻る