• 文字サイズ

ほん木よしやる木よしげん木よし天晴れ、日光市役所新庁舎

平成最後、新元号で躍進する日光市役所新庁舎 美しい破風と軒天 日光の木で美しさをひきたてる 杉並木と美でおもてなし

平成29年6月より工事を行っていた日光市役所新庁舎が韋駄天のごとくみごとに完成、歴史に残る平成最後の年、新元号の年西暦2019年平成31年1月4日金曜日に市民サービスを開始しました。
新たに日光市の新名所として躍進することでしょう。
 
近年、役所新庁舎は高層化が進む中でシンプルなしかも機能美も備えながら世界遺産日光の社寺に相応しい建物となりました、日光市の新名所として世界に発信したいものです。
ここに見せどころ、見どころをご案内いたします。
 
見せどころその1、建物は4階で前から横から斜めから見るとその屋根は社殿造りを模して美しい破風となり、軒天には「日光の木」を贅沢にしたため、日光市が「躍進する、ほん木よし、やる木よし、げん木よし」を宣言しているかのようです。
 
見せどころその2、建物内部は「官と民」が集うワンフロア、ワンストップメニューで市民サービス向上と職員がスキルアップを図る、市民が情報を共有できる風通しのよい環境空間となりました、いい仕事してますね。
 
見せどころその3、意外と普段関心のない場所が4階にあります、日光市の大事な会議をする部屋「日光市議会」です、ときには「傍聴」を体験してみてはいかがでしょうか、そして部屋から出たら廊下にたたずみ日光連山の山、山、山を「眺望」しましよう、いつでも「ひかりの郷日光」を見守っています。(傍聴と眺望の原理)
 
まだまだあります、、が皆さんは是非ともご自身で体感!してみて、いいね!!しましょう。
 
welcome nikko 日光多面ライター

この記事を今スグシェア!

日光ファンサポーター プロフィール

お名前 日光多面 新元号にむけて躍進する日光多面ライダーライター
2018(平成30年)8月7日誕生、2歳、性別なし、平成最後の誕生
日光市在住
体重スリム(毎年日光市人間ドックを受診)

ネーミングの縁起
四季を感じるひかりの郷、他県に類を見ない自然、歴史、文化、民俗、匠、と、総合日光の姿、世界遺産日光の社寺に相応しい、まだまだあります日光を見ずして結構と言うな「見ます、聞きます、話します」を愛言葉に「多面」的に情報収集し、広く世界に発信したい。
日光仮面、月光仮面、は遠い親戚、十一面観音菩薩(十一面で広く人を見て聞いて救う)千手観音菩薩(万人を千の手で救う)は私のよき指導者です、素晴らしい仏様に憧れてつけられた、
名前は【日光多面】です。

これで日光けっこう、「日光多面」名前もけつこう。
♪どこの誰だか 知ってるけれど 日光多面ライダーライターは 今日も行く、、、

welcome nikko
いごお見知りおきのほどよろしくお願い申し上げます。
お仕舞い

  • 一覧に戻る