• 文字サイズ

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 -BIBで出会う絵本のいま-

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画コンクールです。
 
実際に出版された絵本の原画を審査対象とし、芸術性が高い作品や実験的でユニークな作品が集まることでも知られています。2017年9月に開催されたBIB 2017では、49か国から、373組の作家による2,657点の原画が集まり、日本からは荒井真紀が《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞しました。
 
本展では、「BIBで出会う絵本のいま」をテーマに、BIB 2017の受賞作品、日本からのノミネート作品、さらに、いま注目する4か国(中国、イラン、イスラエル、韓国)の作品からなる絵本原画約200点と関連資料をご紹介します。
 
■期間:
前期:3月23日(土)~4月21日(日)
後期:4月23日(火)~5月12日(日)
※前期・後期で一部展示替えあり。
※前期にご入館いただいた方には、1名につき1枚、後期の入館無料券をお渡しいたします。
■時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 
■休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日のときは開館し、翌日を休館。4月30日は祝日法により開館)
 
■入館料:一般720(640)円、大学生510(460)円、高校生以下は無料
 
詳しくは小杉放菴記念日光美術館HPをご覧ください。
http://www.khmoan.jp/notice/notice_d.html?0:185

この記事を今スグシェア!

日光ファンサポーター プロフィール

お名前 小杉放菴記念日光美術館 当館は、「自然へのいつくしみ」を基本テーマに、日光市の名誉市民である小杉放菴の画業を後世に伝え、市民のための充実した文化・余暇活動の場と機会を提供するとともに、優れた文化芸術を紹介しています。

  • 一覧に戻る